3++350dpi++葉書サイズ 絵.jpg

​廣瀬佐紀子 地の上 天の下Ⅱ 2022年3月26日~4月2日

2020年に続き2回目の個展。北アルプスと東北の山々を中心に作品を制作。

山へ挑戦した者しか感じ得ない壮大なスケールの大作をお楽しみください。

3++350dpi++葉書サイズ 絵.jpg

​1 山眠る 120号

剱岳を中心に壮大な北アルプスの山々を描く。

本展覧会のメインビジュアルとして一番時間をかけて制作した作品。

2 冠雪 100号

鳥海山山頂付近 「日本百名山」の一つに数えられる名峰「鳥海山」。日本海の海抜0メートルから標高2236mの高さまで立ち上がる珍しい山。凛とそびえる気高い姿は富士山になぞらえ「出羽富士」と呼ばれ、雪を頂いた秀麗な姿が今も昔も人々に愛されている。山頂からの眺めも素晴らしく、独立峰のため視界がひらけて見事なパノラマ風景を望める。

2++350dpi++葉書サイズ_edited.jpg
秋容 10号

3 秋容 10号

山形県羽黒山麓の牧場風景

4 時雨 10号

蔵王の御釜
宮城県と山形県の県境にある1500m級の蔵王連峰の中心にある火山湖。
2000年ほど前に出来た火口に湧き水や雨水、雪解け水が溜まったもので強酸性。
エメラルドグリーンの湖面はとても美しく、観光スポットとなっている。


 

時雨 10号.jpeg